引っ越し 費用 概算

引っ越し費用の概算を簡単に知る方法

引っ越し 費用 概算

引っ越し 費用 相場

引っ越し 費用 平均

引っ越し 費用 おおよそ

引っ越し 費用 だいたい

 

引っ越し費用がいくらかかるのか知りたい。

 

引越し 概算

 

引越し費用は荷物の量や移動距離などの条件によって違うので、概算にすると幅が広くなります。

 

引っ越しにはお金がかかるので、出来るだけ安い引っ越し業者を探したい。
そうお思いですか?
それなら、引っ越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引っ越しにかかるお金は人それぞれです。
荷物の多さ、新居までの距離、不用品の処理などのオプションで値段が変わります。

 

あなたの引っ越しと全く同じ条件の人を探すほうが難しいのです。

 

一括見積もりをすれば、同じ条件で複数の引っ越し業者からの見積もりを取ることが出来ます。

 

引っ越しの費用

 

1番安い業者はもちろん、相場の概算も一目瞭然です。

 

他の人の情報を探すより、自分の条件で見積もりを依頼した方がずっと早いです。

 

でも、見積もりを取ったら必ず契約しなくちゃいけないんじゃ・・・。
そんなことはありませんので、新居の住所が決まったら早めに見積もりを取って、費用を準備する期間を作りましょう。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

引越し業者と繁忙期

 

引越し繁忙期

 

引越し業者は3月が一番忙しいってご存知ですか?
3月は引越し業界では繁忙期と呼ばれ、どこの引越し業者も大忙しなのです。

 

日本では新学期が4月からなので、新大学生や新社会人の引越しはどうしても3月に集中します。
引越し業者はスタッフを増員したり、1日に回る回数を調整したりして繁忙期に備えますが、引越しの依頼がそれ以上になることもしばしばあるのです。
そうなるとどうしても、お断りするしかないのです。

 

繁忙期は引越し業者が抑えられないということもあるので、早めに引越しの準備をするのをオススメします。
でも新居の情報がない段階ですと、正しい費用を見積もることができませんので、まずは新居を決めましょう。

 

新居が決まったらすぐに引越し業者一括見積もりをして、引越し業者を比較し契約まで済ませておいてくださいね。
繁忙期は引越し料金も高めになりますので、時期をずらせるのであればそれがいいですね。

 

 

引っ越しの挨拶

 

引っ越し 挨拶

 

引越しのあいさつは引越し当日に行くのが一般的です。遅くても引越し翌日までには行きましょう。
随分早いなと思いませんか?

 

なぜ当日に行くのかと言いますと、引越しのときにトラックを停めたり、ドタドタ足音がして近隣の方に少なからずストレスを与えます。
ご迷惑をおかけしますという意味合いもあるからです。
だから挨拶に行くのが引越し日でないと誠意が感じにくいのです。

 

そしてもうひとつ、後回しにすればするほど挨拶に行くのが面倒になるからです。

 

ではどこまで行けばいいのでしょうか?

 

一軒家なら向こう3軒両隣、マンションやアパートなら左右・上下の部屋に挨拶に行きましょう。
手ぶらで行く方もいますが、初対面ですから熨斗に「御挨拶・氏名」を書いた粗品を渡すと名前も憶えてもらいやすくでオススメです。

 

高級な粗品は必要はありません。逆に恐縮されてしまいます。
500〜1000円程度のお菓子・お茶・コーヒーなどの食品やタオル・洗剤などの消耗品や日用品などが人気です。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しのだいたいの手順を把握しておくと当日までに焦りませんので、ぜひ引越し前に一度確認をしてみてくださいね。
スムーズに引越しできるといいですね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

まずは引越し業者を早く決めてしまいたいですが、残念ながら新居が決まるまでは正確な引越し価格が計算できません。

 

例えば4階より高い物件はエレベーターがほぼありますが、4階ピッタリですとエレベーターがない物件も多くあります。
そのような物件での4階の引越しはかなり時間がかかりますから、費用もその分上乗せされるのです。
引越し業者に見積もりを取るタイミングとしては、物件が決まったらすぐというのがオススメです。

 

引越し費用を抑えたいなら、できるだけ荷物を減らしましょう。
不用品の運送費もバッチリかかるので、不用品は引越し前に処分してくださいね。
特に大きな家具・家電は新居に持って行くと処分がさらに面倒になるので、思い切って処分してくださいね。

 

市外へ引越しする場合は、転出届を市町村役場に提出します。これは引越し2週間前から提出できます。
国民年金や国民健康保険、児童手当などのことも聞いておくといいですよ。

 

電気・ガス・水道会社に引越しする日を伝えて、その日までの料金の精算方法を聞きましょう。
どこの会社も日割りで計算してくれます。
もしかしたら火事を出さないために大元のガスの元栓をガス会社の人と閉める作業があるかもしれませんので、確認しておきましょう。
新居が同じ市内なら、電気・ガス・水道を引越し日から使えるようにしてもらう手配もしておきましょう。

 

郵便局で転送届を出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。

 

引越し当日は家財の置き場所を指示してください。
あらかじめ決めておいて紙に書いてどこかに貼りだしてくれると引越し業者も助かると思います。
大事なもの・高価なもの・見られたくないもの・写真データなど壊れたら困るものなどは、自分で管理してください。

 

市内引越しなら市町村役場で転居届を、市外引越しなら転入届を提出しましょう。
これらは引越し2週間以内に行ってください。

 

免許証やパスポート、各種保険、銀行カードやクレジットカード、その他大事な会員証などはそれぞれに連絡して住所変更をしてもらいましょう。
郵便物の転送は1年間なので、忘れないうちに行ってくださいね。